カマグラゴールドとバイアグラの内容成分

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック、つまりコピー品ですが、内容成分はわずかに違います。
有効成分のシルデナフィルの含有量がやや少なくなっています。
ただ、ほとんど僅差であり、気にするほどのレベルではありませんから、両者はまったく同じ薬だと判断して差し支えないでしょう。
医薬品の原価というのは、実際は非常に安いものなのです。
1本100円以上の栄養ドリンクの原価は5円以下だと言われています。
ED治療薬の原価も非常に安いものですが、研究・製造コストが莫大であるため、最終的に販売価格は高くなってしまうのです。
バイアグラジェネリックのカマグラゴールドが格安なのは、研究・製造コストの多くを削減できるからです。
それにより、原価に近い価格となり、1錠あたり100円台というおどろきの価格が実現したのです。
効果のほどはバイアグラとほとんど違いがなく、実際に服用した方は同じように勃起力を体感しています。
「バイアグラのほうが効く」という方もおりますが、これにはイメージ的な問題も大きいでしょう。
知名度の高い先発医薬品のほうが効くと感じてしまうようですが、目隠しをして服用すれば効果の違いに気づかないかもしれません。
日本にはED患者が1,000万人以上もいると言われています。
男性5~6人に1人はいる計算になりますから、身内や友達がEDにかかっていてもおかしくはありません。
さらに、軽度のEDも含めるとさらに患者は増えることでしょう。
日本人はED患者が非常に多いのが現状であり、これは勤務環境が過酷であることが一番の原因です。
勤務時間が1日8時間以内という方は少なく、毎日数時間ものサービス残業をこなしている方も多いでしょう。
勤務時間が長くなると、体を休めるための時間も少なくなりますから、疲労・ストレスはどんどん蓄積していきます。
こうした状況が慢性化すると、ペニスにも影響が出るのは当然のことです。
しかし、生活環境を改善することは容易ではありませんので、多忙な方でも実践できる方法としてED治療薬や精力剤が活用されているのです。
精力剤は副作用がないメリットがありますが、即効性も期待できません。
数ヶ月~数年という長期スパンで活用する必要があるため、「いますぐ勃起させたい」という状況では使えないわけです。
ED治療薬は即効性が期待でき、服用してから数十分でペニスが硬くなってきます。
性行為のタイミングに合わせて使えるので非常に便利です。
ただ、ED治療薬は特殊な薬であるため、非常に高価となっています。
クリニックで処方を受けると、1錠あたり安くても1,000円はします。
2回目からは検査をせずに処方を受けられるところもありますが、この場合でも薬が安くなるわけではありません。
お財布に優しい価格でED治療薬を常用したいのであれば、ジェネリック医薬品が最適です。
カマグラゴールドはバイアグラジェネリックの代表格であり、インドではポピュラーな薬です。
日本の医療機関では処方していませんが、個人輸入代行の制度で取り寄せることができます。

Comments are closed.